ハクソー・リッジ

見ました。以下感想です。

 

沖縄戦を描いた映画ではなく、たまたまそこが舞台になっただけで、戦場という命を奪い合う地獄の中から人を助けるという救いをする姿、自分の信条を受難を乗り越えて貫いていくのはとても英雄的で素晴らしいものだということを描こうとしているのだと思ったのですが、どうでしょう。

言葉ではなく、圧倒的で残酷な絵面で戦争の無意味さが伝わってきて苦しかった。戦場で築かれていく屍体の山々、そこには敵味方もなく、ただそこにあるだけ。たとえ以前がどんな関係であったとしても知り合いが死ぬのは悲しい。そんな当たり前なことを改めて認識させられた。自分の信条を貫くため、愚かだと言われる行動を取ってみせる。その狂気じみているように見える勇敢さに心打たれた。自分の命が惜しいとか思っている人間にはできないよ、少なくとも私は無理だろう。

デズモンドの父は前世界大戦の従軍者で、未だ癒えることのない深い傷を心に負っている。その傷は暴力となり、大切な人を傷つけさえしてしまう。自分の子どもたちが軍に行くとわかったとき、彼はかつて自分が見た凄惨な光景の話をし、涙する。彼の中では、まだ地獄は続いている。その痛みを味わうのだろうと知っているからこそ、彼はかつての戦友で軍の高い地位にいる男に連絡し、デズモンドを戦場に送り出す手助けをする。彼の強い信念を守るために。止めるのではなく、手助けをするという彼なりの愛情は果たして届いた。

あの地獄さながらの場所(プライベート・ライアンを思い出した)に一人で救助に向かう姿はどの兵士よりも果敢だった。彼が神に向かって願うシーンは積み重なることで行き過ぎた感じさえもしてしまう。なぜ、そこまでして助けたいのか。何が彼をせき立てるのか。もう無理だ、という兵士にも彼は明るい言葉を掛ける。彼はその助け出す、救うという行動に神を見いだしていたのかもしれない。受難の先に見えた光を消さないためにも彼は救わなければならない。そこには国家も人種も関係ない。一人でも多くの人を助け、救うことで彼自身が救われるのだろう。彼は戦って死んだ兵士が英雄だと言う。しかし、私は彼も英雄だと思う。人を救うのに、武器は必要ない。銃を取らない臆病者は、救うことと戦うことは同等の価値があるのではないかということを身をもって証明した。その強さは普通ではない。その強さが彼を英雄たるものにするのだ。