The Edge of Seventeen

「スウィート17モンスター」を見ました。

見たんですが、何というか、想像以上に自分に思いっきりブーメランが飛んできてヒイヒイいいながら見てました。いやな意味で心をしめつけられる。

ひたすら私って何でこうなんだろ、なんで周りは私を嫌うの、理解してくれないの、と思いながらも無意識に相手の気に障るようなことを言ってしまうのがなんともつらい。痛々しいというか、「あっ」てなってしまう。そう、そこに映っていたのは17歳の自分が大人だと思い込んでいる子どもであり、私でもあった。うまくいかないことをつい他人のせいにして、自分中心の世界という視点でしか物事を見られないから自分ばかりが不幸だと思い込んでいる、妙に行動力があって周りの人に恵まれた女の子。少なくとも本人は嫌がらせのつもりで話しかけている先生には自分の完全にやらかした失敗を話せる時点でだいぶん環境はいいとは思うんだけどね。そんな彼女が自己嫌悪と周りへの憎悪をちょっとした事件、本当に長い目で見たら些細な出来事に出会って、新しい視点を獲得していく成長ぷりを見るうちに、自分のことが恥ずかしくなってきてしまったのがこの映画が自分にとってつらいものにさせている一因でもある気がする。いろんな方の感想を見ていて面白いと思ったのが、私がどれだけ明るそうだ、人生を成功してきて満喫してそうだと思っている人の心の中にも17歳のネイディーンがいるのだ、というところ。それを考えていくと図らずも彼女が見つけた答えにつながる気がして面白い。

そして「スリービルボード」に出てくるあのウィロビー署長を演じているウディ・ハレルソンの先生がいいんですよ。スリービルボードを見た後でこれを見ると、とあるシーンでちょっと目頭が熱くなります。